千葉県消防設備協同組合


【沿 革】

1974年6月 組合創設同意者34名により、「千葉県消防機器協同組合」創立
1974年7月 千葉県知事より設立認可 
1989年 「千葉県消防設備協同組合 」に名称変更 
1993年 「 官公需適格組合 」に認定される
2015年 千葉市中央区道場南 千葉県電工会館内に現事務所を移転
2015年 組合設立40周年記念式典開催される
2020年 第12代目代表理事 小寺眞澄氏就任 現在の組合員数95社、賛助会員19社に至る
  

【千葉県知事許可】 消防設備工事業・電気工事業
【官公需適格組合】 物品納入等 経済産業省関東経済産業局長許可
【千葉県中小企業団体中央会】 モデル組合指定


理事長挨拶

平素は当組合の事業運営に対しまして、格別のご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。昨今の世界中にまん延しているコロナ過での状況の中、いろいろな制限による経済活動に支障をきたしているところです。当組合が設立されてから48年を迎えようとしておりますが、中小企業を取り巻く経済並び雇用環境は依然として厳しい状況にあります。

そのような状況下で、我々中小企業が技能及び競争力を維持強化し発展し続けるためには、個々の企業の力では限界があり、組織を結集した組合が果たすべき役割は重要であると考えます。 

当組合は進むべき方向をしっかりと見極め、業界関係の皆さまが時代の流れに的確に対応できるよう、また新しい分野に積極的に取り組めるようサポートしていくことを使命と考え、様々な分野を推進していく所存であります。そして、関連法令並び最新技術等の情報の習得とお知らせする事も大切な役割だと考えております。

今後とも、当組合の事業運営に相変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
 

  令和3年4月